妊娠出来ないのはタバコが原因?

妊娠出来ないのはタバコが原因?

タバコはタールやニコチン、一酸化炭素などの有害成分が多く、私たちの健康に異変をもたらしてしまいます。

 

当然、これから妊活に本格的に取り組んでいこうとお考えであれば、どれだけ好きであったとしてもタバコを吸う事は控えるようにしたいですね。

 

男性の場合ですと、タバコを吸う事により精子の絶対数が減少してしまうほか、精子の動きも鈍くなったり奇形精子の割合が増えやすい傾向があります。

 

タバコを吸っている男性=大人の余裕が見られると言う印象もあるのですが、妊活中は避けておきたいですね。

 

女性の場合も子宮着床障害や卵管障害になってしまう恐れがあります。吸う事で気分が楽になったりストレスを解消することもあるタバコですが、本人の健康を害してしまうだけでなく不妊の原因となってしまうんです。

 

妊娠をしている場合、妊婦さんが直接タバコを吸う事や旦那さんからの副流煙を吸ってしまったのであれば、当然妊婦さんの胎盤を介してお腹の中の赤ちゃんへとタバコの有害成分が届けられてしまいます。

 

妊娠が出来る気がしない原因となってしまいますし、何より生まれてくる赤ちゃんにとっては良い物ではありません。

 

また、自分を含め家族にタバコを吸っている人がいない場合でも、副流煙などの2次喫煙として煙りが取りこまれてしまう事もあります。

 

妊娠をしたい&しているのであれば、出来る限りタバコの煙が漂う場所へ足を運ばない事をおすすめします。職場など、どうしても防ぐことが出来ない環境であれば、マスクをして過ごすようにしましょう。

 

マスクをしたとはいえ、タバコの煙はとても細かいですので完全に防ぐ事は不可能ですが・・・。

 

 

妊娠出来る気がしない本当の理由は?